家事の時短テク!洗濯~アイロンがけまで上手な手抜きで主婦力アップ

朝起きると朝ごはん作りに洗い物、洗濯したら干して掃除など、家事に終わりはありませよね?

 

体調が悪かったり気分が乗らなくても家事は待ってくれません。

 

終わりがないからこそ覚えておいた方が良い事があります。

 

日ごろから手抜きできるところ、できないところがありますので家事を上手に手抜きする方法を紹介しますね。

 

スポンサーリンク

上手な家事の手抜き方法 わかってほしい家事の大変さ

仕事や家事、育児で毎日時間に追われていますが、効率的に家事をこなして少しでも自分の時間を作りたいですよね。

 

仕事をしていると特にそう思います。

 

家事をしている人にとっては家事が大変で終わりが無いことも良く分かっています。

 

いくら完璧にして一日が終わっても、寝て起きたら振り出しなので悲しくなってしまいます。

 

専業主婦だと、それをこなすのが仕事ですが、やり出すと終わりが無い家事に疲れてしまいます。

 

小さな子供が居ると、子供の相手をしながらなので家事はスムーズに進まないのでもっと大変ですね。

 

洗濯・料理・掃除をやって終わってもまた始めからやり直し、という事を繰り返します。

 

中でも最低3回はやらないといけないのが食器の洗い物で、朝昼晩の料理の使った調理器具やフライパンなど、ご飯を食べた後の食器の洗い物があります。

 

子供が小さいと、離乳食・おやつの片付けが追加されます。

 

同じく料理を作るのも大変です。

 

毎日3食何を作るか考えるのも大変で、節約しようとまとめ買いしていたらメニューを考えなくていいので楽ですが、そうでなければメニューを考えて買い出し、調理に配膳、洗い物が待っています。

 

これが毎日なので苦痛すぎます。

 

掃除は1回くらいしなくても大丈夫ですが、食器などは洗っておかないと洗い場が大変なことになるし、次に使う時の食器がありません。

 

毎日3回以上は洗い物をしているので家事の大半が食器洗いに占められていますよ。

 

そして家事が大変な事をパパに話してもあまり理解してくれません。

 

仕事している方が大変だ!

 

ママは1日家に居るのだから大変じゃないだろう、と言われると喧嘩になりかねません。

 

家事は実際やってみないとどれだけ大変なのか分かりませんよね。

 

また、家事は女性がするものだと思っている男性が多いのも事実です。

 

家事は無給でするので余計に苦痛です。

 

給料があるなら、大変な家事も頑張ってできますが、家事をするのが当たり前だし料理など文句言われたら腹立たしい気持ちにもなります。

 

これだけ大変な家事は長期戦だからこそ完璧にすると疲れます。

 

家事の手抜き方法  洗濯編

家事を上手に手抜きする方法でまずは洗濯物です。

 

洗濯をするタイミングは、薄い生地の物は夜洗濯して部屋干しをし、朝畳む。

 

生乾きが心配な厚手のものは、朝までに洗濯が終わるようにタイマーをセットして朝干したらいいようにしましょう。

 

そして洗剤も1回のすすぎで済む洗剤を選びます。

 

おしゃれ着や急ぎの物は専用のカゴに入れて、分別の手間を省きましょう。

 

洗濯機を動かしている間、洗濯機に洗濯物を入れる時間は待ち時間になります。

 

この待ち時間を無駄にせず、いかに有効活用できるかを考えてみて下さいね。

 

家事の手抜き方法 洗濯の干し方

シャツなどのトップスをハンガーに干してそのまま片付けることで取り込んで畳む、しまう手間を省けます。

 

洗濯機と干す場所を近くにする事で移動距離を縮めれますよ。

 

部屋干しの場合は浴室乾燥機や除湿器を併用する事で乾かす時間を減らす事ができます。

 

また、乾きにくい大判のバスタオルを全てフェイスタオルに変えることですぐに乾くので、干す場所・収納場所を取りませんよ。

 

家事の手抜き方法 洗濯物の収納

ハンガーに干してクローゼットにそのまま収納すると、着る時も楽ですよ。

 

家族一人一人のカゴを用意して畳んでしまう作業を分担する。

 

下着やパジャマなど、すぐに着るものは、カゴなどに入れて畳む作業を省きます。

 

家事の手抜き方法  アイロン編

ワにならない素材や形状記憶のシャツを選びます。

 

タオルをハンカチに変えてアイロンがけの手間を省きます。

 

小学校の給食用は毎週持って帰るのでシワになりにくいランチクロスを使用します。

 

洗濯は簡単なようですが、結構手間な作業が多いので作業の各段階で少しずつ工夫すると時短効果になりますよ。

 

家事の手抜き方法  まとめ

家事の目標を高く設定してはいけません。

 

家事には終わりがないので、いつも全力で家事をするのではなく、余裕をもってのんびりしたっていいのです。

 

いつも近くに居て、一番分かって欲しいパパには家事の大変さを理解してほしいですが、実際やってみないと家事がどれだけ大変なのかを分かりませんよね。

 

ケンカをしても時間の無駄です。

 

大変さを分かってもらうのを諦めて、すぐにできる手抜きをして、頑張らない家事をしましょうね。

 

悪い意味での手抜きではありませんよ!

 

何度も言いますが家事は長期戦なので、頑張りすぎたら自分が疲れてしまうだけです。

 

適度に上手な手抜きのできる主婦もいいものです。

 

コメント