奥までキレイに洗えてる?ステンレスの水筒を簡単に掃除する方法

 

ステンレス製のマイボトルは

とても便利ですね!

 

職場や学校に持って行ったり、

お出かけの時もマイボトルにお茶を入れて

持って行く方も多いと思います。

 

ペットボトルのお茶やジュースを

買わなくていいので節約にもなります。

 

みなさんはステンレスの水筒を

キレイに掃除できていますか?

今回はステンレス水筒の

掃除方法と注意点を紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク

掃除をする時に用意するものと注意点

まずはスポンジ、中性洗剤、ぬるま湯

の3つを用意します。

スポンジは、柄のついた長めのスポンジ

おすすめです。

ボトル用のスポンジがあれば最適ですよ。

 

・長めの柄のスポンジが無い場合は、

食器用スポンジを菜箸で挟んで

輪ゴムなどでとめたものでも良いですよ。

 

アクリルスポンジもオススメで、

菜箸の先にアクリル毛糸を巻き付けたものは

蓋などの細かいパーツに使うのに適していますよ。

 

蓋の部分やパッキンの部分は、

綿棒を使ってみましょう。

部位の素材に合わせて、

洗う装具を変えていきましょうね。

 

洗剤は、

ステンレス部分を洗うには中性洗剤

使いましょう。

ぬるま湯に中性洗剤を溶かしたものを

使用するのも良いですよ。

フタやパッキン部分の洗浄には中性洗剤、

つけおき洗いには酸素系洗剤が良いです。

 

道具や洗剤選びの注意点は、

硬めのスポンジやブラシ、

タワシなどは傷つきやすいので

避けましょうね。

 

傷がつくと、その場所から

雑菌が繁殖することがあります。

また、ステンレス部分に塩素系漂白剤を使うと

サビの原因になるので気を付けましょう。

 

ステンレス水筒の掃除方法

ステンレスのボトル部分は、

強くこすらないようにやさしく洗いましょう。

よくすすいで、外側は乾いた布で

すぐに拭くようにして、

内側は逆さまにして

水をきってからよく乾かしましょう。

 

すすぎにお湯を使用すると、水切れもよくて

乾くのも早くなりますよ。

 

パッキンや蓋の部分は、細かいパーツがあるので

洗う際なくさないようにしましょう。

小さめのざるの中で洗うといいですよ。

そのまま水切りができて、

まとめて乾かす際に役立ちます。

 

洗う時の注意点は、スポンジを使っていても

ゴシゴシ擦ったら細かい傷がついて、

痛み、劣化の原因になってしまいます。

すすぎ残しも部位を傷つける原因に

なってしまうので注意しましょうね。

 

茶渋と臭いには重曹を使いましょう。

ステンレスの内部を傷つけるため、

重曹で茶渋をこするのはいけません。

 

ステンレスの内部を傷つけずに

重曹で臭いと茶渋を落とす方法は、

  • 水筒に60度くらいのお湯を8~9分目まで入れます。
  • 小さじ1~大さじ1ほどの重曹を水筒に入れて蓋をします。
  • 軽く振って約1時間置いたら、中身を捨ててスポンジで洗いましょう。
  • 汚れが落ちないようだったら、重曹と同量のクエン酸を加えて1~3を繰り返しましょう。

 

重曹をお湯に溶かすと、

少量の炭酸ガスが発生するので、

泡で茶渋が落ちやすくなります。

一方でお湯が泡立ち吹き出して

火傷をしてしまう恐れがあります。

そのためお湯はいっぱいにせず、

余裕を持たせて入れましょう。

同量のクエン酸を入れると、

更に反応が強くなるので気をつけましょうね。

 

柄の長いスポンジが無くて、

重曹を切らしているけど

しっかり洗いたい時には、

丸めたラップと少量のぬるま湯、

洗剤を入れてシェイクすることで

汚れが落ちやすくなりますよ。

同じ方法で、卵の殻を使う方法もあります。

ラップも卵の殻も身近にあるものなので、

汚れが気になる時は是非試してくださいね。

 

ボトルがキレイに洗えても、

パッキンと中栓が汚れたままだと

雑菌が繁殖してしまいます。

面倒ですが、分解してパーツごとに洗いましょう。

 

洗い方は、蓋つきの容器に

・ぬるま湯

・分解したパーツ

・中性洗剤

を入れて蓋をしましょう。

この状態で容器ごと10回ほど振ると、

普段の汚れがキレイの取れますよ。

 

週に1度は、洗剤の代わりに重曹を

しっかり溶かして30分ほど置くと、

頑固な茶渋もスッキリです。

仕上げにスポンジで擦って洗い、

しっかりとすすいで乾燥させましょうね。

 

もしもパッキン部分にカビが生えた場合は

取り除いてもまたカビが生えることがあります。

劣化も進んでいるかもしれないので、

新しいパッキンを取り寄せたりして

交換しましょうね。

 

重曹で取れない臭いや汚れがある時は、

酸素系漂白剤につけて漂白しましょう。

つけ置き時間は長くても1時間です。

後はスポンジで洗ってしっかり乾燥させましょう。

 

注意点は、長くつけ置きすると、

ステンレスボトルやパッキンのゴムが

劣化する恐れがあります。

また、塩素系漂白剤を使用すると、

劣化する恐れがあるので使ってはいけませんよ。

 

ステンレスの水筒を簡単に掃除する方法まとめ

水筒を細かい部分まで洗うのが面倒で

掃除を簡単に済ませてしまうと

カビが生えてしまうことがあります。

また知らずにそのまま使っていると

健康に良くありません。

 

毎日使うステンレス水筒だからこそ、

いつもキレイに掃除して使いましょう。

 

洗い方にはいくつかの注意点もありますが、

正しい方法で掃除をして、

水筒を長く大切に使いましょうね。

 

毎日使って口に入れるものだからこそ

こまめな掃除を心掛けて下さいね。

 

 

コメント