子育て中のストレス発散!今すぐ試してほしい6つのこと

 

とっても可愛い我が子だけど、

毎日一緒にいたら、

イライラする事ってありますよね?

 

ストレスを溜めても

何ひとつ良い事がありません。

 

ストレスを溜める前に

どんどん発散していきましょう。

 

スポンサーリンク

子育てで溜まったストレス発散方法!

子育ては疲れてイライラしますが、

育児をしている人は皆同じなのでしょうか。

子育ては大変ですが、ストレスを発散しながら

上手にこなしていきましょうね。

 

①ノートに書きだしてみる

何でもいいので、ノートに辛いという気持ちと、

何がどう辛いのかを書き出しましょう。

 

自分の感情だから自分が一番

よく分かっているんだと思っても、

意外に分かっていない時がありますよ。

 

書き出すことで、自分の中の辛いという

気持ちを整理できるので、

ストレスの要因に気づくことができますよ。

 

②とりあえず外に出る

どこでもいいので、

とりあえず外出してみましょう。

 

育児は密室で行う事が多いですよね。

 

閉鎖状態の空間で、特定の人と接するだけで

あとは子供と居るだけだと、

気持ちが塞いでしまうのは当然のことです。

 

出かける予定はなくていいので、

とりあえず外へ出てみましょう。

 

外の空気を吸うだけでもとても気持ちいいので

新鮮な気持ちになりますよ。

 

ですが育児中は外出するのも

億劫になってしまいます。

 

そんなときは、玄関から一歩外へ出て

深呼吸するだけでも気分転換ができます。

 

③こっそりお小遣い稼ぎ

こっそり自由になるお金を

稼いでみましょう。

 

自分で自由に使えるお金が減った

育児休暇などで収入が減っている

 

という事が育児のストレスの主な

原因になってしまう事があります。

 

それならば、無理のない範囲で

お小遣い稼ぎを増やしてみましょうね。

 

アンケートモニターサイトは、

子育て中の合間に十分行う事ができますよ。

 

子供ができて、お金の悩みが増えてきたと思ったら、

とりあえず行動してストレスを撃退しましょう。

 

④泣く

周りを気にせず思いっきり泣きましょう。

 

大人になってくると、

泣きたい時でもなかなか人前で泣くことが

できなくなりますよね。

 

一人のときでも、泣こうと思って

泣く機会は少なくなってきます。

 

しかし、泣く事はひとつの感情を

開放するという事なのです。

 

普段こらえて我慢している感情を、

いったん子供から離れて思いっきり

泣いているうちに、

自然と自分の中にある気持ちが溢れ出して、

泣き終わったらすっきりしている事に

気が付きますよ。

泣けない時は、

感動できるテレビや映画を観たら泣けますよ。

 

⑤大声を出してみる

思いっきり叫んで大声を出しましょう。

 

叫ぶ言葉は何でもいいので

とにかく自分の気持ちを叫びましょう。

注意点は、そのまま叫ぶと近所迷惑になるので、

布団に顔をうずめたり、

クッションを口にうずめて叫ぶようにします。

 

叫ぶという行為によって、

感情が一時的に高ぶるので、

叫び終わるとスッキリした

気持ちいい疲労感が現れますよ。

 

⑥胸キュンアプリ

胸キュンアプリで

ときめき感を補給しましょう。

こちらはスマホで気軽に

ときめきを補給する方法ですよ。

 

育児中は、ホルモンバランスの影響で、

パートナーとの接触が

苦手に感じてしまうことがありますよね。

 

そんな時は是非、

二次元でときめきを補給してみましょう。

乙女アプリはお金もかからず、

オアシス的な存在になってくれますよ。

 

頑張りすぎない事でストレスフリーになる!

頑張りすぎない家事をしましょう。

 

 

・片付けは1日1回にする、と決めます。

赤ちゃんや子供は、片付けをしても

すぐにおもちゃをポイポイ散らかします。

その度に毎回片付けしていたら、

きりがありません。

 

散らかっていることが気になって

片づけてしまう場合は、

1日に1度だけ子供が寝たら片付けようと決めたら

時間にも気持ちにも余裕ができますよ。

頑張りすぎることで

心身共に疲れ切ってしまうことがあるので

無理せず力を抜く事をおすすめします。

 

・離乳食は、大人の分を取りわけましょう。

離乳食が始まると、頑張って離乳食を作っても

食べてくれないことが大半です。

頑張って作ったのに、

どうして食べてくれないのか悩みますよね。

 

わざわざ離乳食を作るのは大変なので、

炊けたご飯をお湯でふやかして、

みそ汁などはお湯で薄め、

おかずで食べられそうなものは

適当に潰して食べさせましょう。

 

食べるかどうか分からないので、

取り分けスタイルにしたら、

大変な離乳食作りからも解放されて

食材の無駄も省けますね。

 

・寝かしつけはせずに、

ママが先に寝ましょう。

電気を消して、ママが先に寝ると

以外にも赤ちゃんも慌てて寝ますよ。

子供の様子やイタズラが心配なら、

寝たふりをして様子をみても良いですね。

 

 

子育て中のストレス発散は意外な方法で!まとめ

子育て中に限らず上手に

ストレス発散する事が大切ですよ。

いくつか紹介した発散方法を、

できれば全部試してみて、

自分に合った方法で発散しましょうね。

 

また、頑張っているからこそ疲れてしまうので、

頑張りすぎない子育てを目指して、

ストレスフリーな育児をしましょうね。

 

そうする事で、子育てに対するイライラも無くなってきますよ。

 

コメント