会陰切開ってどれだけ痛いの!?陣痛例えるならどんな痛み?

 

出産をひかえているお母さんは、赤ちゃんと会えるのが楽しみですが、同時に不安がいっぱいだと思います。

 

不安になってしまう原因は沢山有りますが、わたしは初めての出産の時、まず

 

自分が本当に子供を産めるの?

 

ってところから不安だらけでした。

 

ネットで人の出産レポを見ては、絶対無理!と思ったり、産まれたての赤ちゃんの写真を見ては

早く産まれないかなと思ったり我ながら感情が忙しかったです。

 

そして、ついに赤ちゃんが産まれたあとも、この子を立派に育てることができるのか、と心配事はつきません。

 

子育ての不安の原因は人それぞれで、ひとつではありません。

 

今回は、そんな子育ての不安についてお話します。

 

スポンサーリンク

会陰切開ってどれだけ痛いの!?例えるなら陣痛の痛みはこんな感じ

妊娠が分かってすぐは、自分の子供に会えるんだ!と思って期待がいっぱいですよね。

 

そのあと、辛いつわりの時期を乗り越えて安定期に入りますが、安定期だからといって心配事はなくなりません。

 

胎動が少ない日に赤ちゃん元気かな?と不安になりちょっと出血があったりしたら、もう不安で不安でしかたありませんよね。

 

そして、安定期も過ぎて出産が近づいてくると

 

陣痛ってどんな痛みなんだろう?

 

陣痛に気づくかな?

 

と出産することにたいして不安になってきます。

 

わたしが出産で1番不安に思ったことは会陰切開でした。

 

いろんな人の出産の体験を読み漁っていたのですが、たいていの人が経験されている会陰切開。

 

え、切るの?

 

と恐怖しかありませんでした。

 

そして、ついに出産の日。

 

わたしは予定日よりも早く出産になったのですが、初めての出産は遅れる人が多いのかな?となんとなく思っていたのでまったく心の準備が出来ていませんでした。

 

しかし、待って!

 

なんて言ってらいれないのが出産で、だんだん強くなってくる陣痛はこれから出産の人を怖がらせてしまうかもしれませんが、本当に今までの痛みの中で最高クラスでした。

 

陣痛の痛みは人によって違いますし、同じ人でも出産のたび違います。

 

鼻からスイカ

 

生理痛の100倍きついやつ

 

腰をダンプカーでひかれたような痛み

 

すごくお腹を壊したような腹痛

 

わたしが出産レポを読んでいる限り、こんな例え方をされていた人が多い印象でした。

 

実物わたしも出産によって痛み方が違っていて、

 

1人目の時はお腹を壊したような痛みでした。

 

2人目の時は、生理痛のような痛みでした。

 

わたしは、比較的安産だったようで1人目でも陣痛から6時間、2人目は陣痛から3時間で出産となりましたがそれでも陣痛は辛いものでした。

 

陣痛中は、

 

どうして子供を産むって思ったんだろう…

 

とまで思うほど。

 

でも、我が子が産まれてくるとそんなこと思った自分が考えられなくなるくらい嬉しいですし、痛みがふっとんでしまうんです。

 

そして、1番恐怖に思っていた会陰切開。

 

結局わたしも会陰切開をしていたのですが、噂通り本当にいつ切っていたのかわかりませんでした。

 

切るのに痛くないわけない!

 

と思っていましたが、本当に痛くなく切られた感覚もなく、あれだけ恐れていた会陰切開も陣痛の痛みでとても存在感が薄いものでした。

 

陣痛の痛みはすぐに忘れる。

 

まさにこれです。

 

出産って不思議ですよね。

 

今まで、出産に対しても出産したあとも自分にちゃんと育てられるのだろうか?と不安にばかり思っていましたが、実際に出産をしてみると

 

絶対この子を幸せにする!

 

といろんな不安は吹き飛んでしまいました。

産後の子育て!不安があって当たり前!!

赤ちゃんが産まれて、今まで不安に思っていたことが吹き飛んで

 

子育て頑張ろう!

 

と思い、子育てが始まったわけですが、退院して本格的に子育てが始まるとまた不安なことが出できてしまいます。

 

病院にいる間は病院にいるので何かあってもすぐに対応してもらえる。

 

いつでも看護師さんにアドバイスを貰える。

 

と思ってまだ余裕がありました。

 

でも、退院すると自分で判断して赤ちゃんの面倒を見なければいけませんよね。

 

ミルクは足りているかな?

 

沐浴ってこれであってたっけ?

 

泣いてるのになんで泣いてるのか

 

わかってあげられない・・

 

こんな調子で子育てなんて出来るのかな?と不安ばかりの日々でした。

 

だからといって不安に思っていても、子育てを中断できるわけはなく毎日めまぐるしく赤ちゃんのお世話に追われていきます。

 

子供の成長は待ってくれないので、不安が解消されないままどんどん子供は成長していき、新たな不安要素がでてきます。

 

当時こんなことを思う余裕はありませんでしたが、今となっては子育てってこんなもんなんだろうな、と思うようになりました。

 

お母さんも、子供も、初めてのことをしているんです。

 

不安にならないわけがありませんし、わからないことだらけで当然です。

 

お母さんも子供もお互い初心者なんです。

 

失敗しながら一緒に成長していけばいいかな、と今は思いながら子育てをしています。

 

まだまだわたしも子育てで不安になることもありますし、これでよかったのかな?と思いながら子育てをしています。

 

でも、不安にならないわけない、と思うようになってからは随分気持ちが楽になりました。

 

これから出産をひかえているお母さんや、子育てが不安で仕方ないお母さん。

 

不安になって当たり前です。

 

見た感じ、余裕そうに見えるベテランお母さんも不安がないわけではないはずですよ。

 

会陰切開ってどれだけ痛いの!?陣痛例えるならどんな痛み? まとめ

今回は、出産・子育ての不安についてお話させていただきました!

 

出産が近づくにつれていろんな不安が出て来ますが、不安なことがあって当たり前なんです。

 

初めてのことなのに不安にならないわけがないですよね。

 

わたしもまだまだ不安な事だらけですが、過去に不安に思っていたことが今となってはどうってことなかったりしますよ。

 

不安になってしまうのは、決して悪いことではありません。

 

赤ちゃんと一緒に乗り越えていきましょう!

 

コメント