意外に知らない風呂掃除のやり方!掃除の順番と場所別の掃除方法を紹介!

毎日入るお風呂ですが、風呂掃除は

浴槽だけではありません。

床や壁、排水溝に鏡など掃除する場所が

多いのがお風呂場ですよね。

 

掃除の時は浴槽から始めることが多くないですか?

実は、お風呂掃除には正しい順番があるんですよ。

 

今回はお風呂掃除の正しい手順と、

各掃除箇所の掃除のポイントを紹介しますね。

 

スポンサーリンク

風呂掃除をする正しい手順や掃除頻度は?

風呂掃除をする時は、どうしても

浴槽から洗ってしまいます。

 

ですが、お風呂掃除をしたら、

必ず最後はお湯や水で洗剤を流します。

その時当然ですが、水は上から下へ

流れていきますよね。

 

このことからも、風呂掃除は上から下へと進めていきます。

手順は壁や鏡⇒浴槽⇒床⇒排水口となります。

この順番で風呂掃除をしたら、せっかく掃除した床に、

洗剤や石鹸カスが残ることを防ぐことができますよ。

 

浴槽や床掃除は最後のほうにする場所なのです。

また、風呂掃除の頻度は、

できるだけ毎日するのが理想的です。

 

風呂場は水回りなので、カビなどが

発生しやすくて、一度掃除をさぼってしまうと、

想像以上のスピードでカビが繁殖してしまいます。

 

しかし、毎日の壁・床・排水溝を

掃除するのはなかなか大変ですよね。

 

そこで、浴槽などの体が触れる場所は

毎日簡単に掃除しましょう。

 

お風呂場全体は最低でも週に1回は行いましょうね。

 

風呂掃除場所別のコツは?

風呂掃除場所別のポイント

 

天井はなかなか手が届きにくいので、

普段掃除することが少ない箇所です。

 

しかし、やりづらいからと掃除を怠っていたら

大変な事になりますよ。

 

掃除がしづらいだけにカビが繁殖しやすくて、

その胞子が上から降ってきてしまいます。

 

それではせっかく体を洗ってキレイに

しているのに、キレイになっていませんよね。

 

そんな天井の掃除は、定期的に塩素系の

カビ取り剤を使って行うのが

手早くできるので便利ですよ。

 

カビ取り剤の使用には

きちんとした準備が必要です。

 

掃除をする人は、ゴム手袋やゴーグルをはめて、

肌や目にカビ取り剤が触れないようにします。

 

そして換気をしながら、柄のついたスポンジに

カビ取り剤を染み込ませます。

そのまま天井にカビ取り剤を塗りこんで、

時間を置いたら洗い流すだけですよ。

 

シャワーヘッドや蛇口は、掃除する機会が

ない場所です。

シャワーヘッドや蛇口は、通常の中性洗剤で

ササッと洗うだけでも汚れを予防できますよ。

水垢やシャワー内の汚れには、

クエン酸を使います。

 

クエン酸の中にシャワーヘッドを入れて、

1時間程放置したら、スポンジや歯ブラシで

磨いて水で流しましょう。

 

蛇口の水垢にもクエン酸が効果的で、

クエン酸水を吹きかけてラップなどでパックし、

放置したら洗い流すだけでピカピカになりますよ。

 

浴槽の掃除は浴槽だけではありません。

浴槽の端のゴム部分はカビ取り剤で定期的に

掃除することで、黒カビの発生を

防ぐことが出来ます。

 

浴槽内の排水口はフタを外して、

歯ブラシなどでこすって掃除すると、

排水の効率も上がるので、浴槽内のヌメリの

発生を抑えることができます。

 

毎回ではなくて、週1回など頻度を決めて、

ゴム部分や排水溝の掃除を行うことで、

清潔な状態の浴槽を維持することができますよ。

 

は石鹸やシャンプーの残りカスが

付着しやすくて、ヌメリやピンク色の汚れが

発生しやすい場所です。

 

このピンク色の汚れは、ロドトルラという

酵母菌の一種で、カビに比べて繁殖スピードが

早く、放っておくとどんどん広がっていきます。

 

床掃除のポイントは、

ブラシでこすって落とすことです。

ピンク汚れが無い部分も

しっかりとこすりましょう。

 

こうすることで、ロドトルラのエサになる

汚れを落とすことができて、

ピンク汚れの予防になりますよ。

 

排水口は、重曹とクエン酸水を使うと

簡単キレイに落とす事ができますよ。

 

まず、排水口のフタやカバーを全部外して

重曹をふりかけます。

この時排水口だけでなく、フタやカバーにも

しっかりふりかけましょう。

 

そのあと、クエン酸水を全体的に吹きかけて

10分放置します。

その後再び重曹をふりかけたら、使い古した

歯ブラシなどで汚れを落とします。

 

差し後に水で洗い流したら完了ですよ。

重曹とクエン酸によって、

汚れが浮き出てくるので、

強い力をかけずに排水口をキレイにすることが

できるので、簡単にできますね。

 

最後は換気を忘れずにしましょう。

換気をして、お風呂場内に水分を

ため込まないことでカビの予防に繋がりますよ。

 

意外に知らない風呂掃除のやり方!掃除の順番と場所別の掃除方法 まとめ

ひとことで風呂掃除と言っても、様々な掃除箇所があります。

ですが、細かい場所まで毎日掃除するのは大変ですよね。

 

そこで、正しい掃除の順番や、やり方を

覚えたらカビの繁殖を防ぐためにも最低でも

週に1回、定期的に掃除することで、

スッキリ清潔なお風呂になりますよ。

 

風呂場は一日の疲れを洗い流す場所なので、

スッキリキレイなお風呂で自分の体も

キレイにし、リラックスタイムを

楽しみましましょうね。

 

コメント