忙しすぎてもう限界!な方に知ってほしい私の家事の手抜き方法

ママはいつも家事に追われる日々でいつも休まりません。

専業主婦でも働いていても、家事を手抜きできる方法があるなら

是非知りたいですよね?

家事には終わりが無いのでやる気が起きませんが家事は待ってくれません。

上手に手抜きをしながら日々の生活を乗り切って下さいね。

 

スポンサーリンク

家事には終わりが無い!

朝起きたらご飯作りから食べ終わった食器の洗い物、洗濯物に掃除、買い物などで、

家事はやりだすときりがありませんね。

全部完璧にしたくても、実際はそんなに時間をかけられません。

 

手抜きをすることで部屋などが汚くなるのもイヤです。

家事には終わりが無いからこそ気持ちもあまり前向きになれないのかもしれません。

 

例えば

・何故なら家事に給料はありません。もし給料制だったらしんどい家事でも頑張るのに!

・家族からはママが家事をするのが当たり当然のように思われていて特に感謝されない!

・休みが無い!家事は年中無休で、仕事のようにお休みがない!

・家中の掃除!掃除の場所が多すぎる!

・毎日3食のメニューを考えてご飯作り、片付けも!

・家事を完璧にしても寝て起きたらまた振り出し!

 

このような事から家事には終わりが無いと思ってしまいます。

完璧を目指してイライラするのではなく手抜きをして

子供との時間を少しでも増やしたい方におすすめの

ちょっとした手抜きのコツをお伝えしますね!

 

料理の手抜き方法

学校や職場にお弁当を持って行く場合は外で食べることから

ある程度見た目を意識しながらお弁当作りをするので、料理の負担が増えます。

 

この時にオススメなのが、あらかじめまとめて調理したものを冷凍保存することです。

火を通しているので、長期保存がききやすくて、レンジでチンしたら完成ですよ。

時間の無い朝にはとても助かり、時短になるので効率的ですね。

 

最初にまとめて調理しておくので、美味しく食べるための冷凍の方法は、

十分冷ましてからタッパーの蓋をして冷凍庫に入れることです。

 

温かいまま冷凍庫に入れると、タッパーに水滴がつくので、

せっかく作った料理が痛んでしまいます。

また、温かいまま入れることによって、冷凍庫に入れている他の食材も温まって、

結果的に菌が増えて不衛生になってしまうのです。

 

このことからも、作った食材は必ず冷ましましょうね。

最初に面倒くさい作業をしておけば、お弁当を作る時に後で楽できますよ。

解凍後に美味しく食べるために、しっかりと冷やしたものをタッパーに入れて

冷凍庫に入れることを徹底しましょうね。

 

残り物はリメイクして次の日に使い回す

できれば毎日違う献立を作りたいですが、

学校の給食のように毎日違うメニューを考えて調理するのは難しいです。

 

子供が学校から給食のメニュー表を持って帰りますが、

感心するだけで私には高度なのであまり参考にしていません。

 

改めて料理手抜きの為に、その日残った料理でリメイクしましょう。

中でもオススメは煮込み料理で、1日目がシチューを作って

2日目はグラタンにしたりしています。

 

ほかにも1日目はポトフを作って2日目はカレーにするなどです。

他にも沢山ありますが、簡単にできて味もそこまで大きく変わらないので飽きませんよ。

 

何より嬉しいのが、1日目のように最初から作らなくていいので、

時間が時短できることです。

また、買い物の回数を減らせるので節約効果もありますよ。

 

調理はキッチンバサミを使用する

お肉などを切る時まな板と包丁を使いますよね?

鶏肉は皮が滑って危なくて、片付けの時はまな板と包丁の両方を洗う手間がかかります。

 

そこでオススメなのがキッチンバサミでお肉を切ることです。

余計なお皿やまな板を出さなくていいし、洗い物も減って、

肉の皮で滑らないので安全ですね。

 

掃除の手抜き

風呂掃除は、風呂上りにしましょう。

理由は、風呂の汚れは時間が経つと浴槽にこびりついてしまいます。

 

その汚れは一度こびりつくと、力を入れてこすってもなかなか落ちません。

ですからお風呂を出た直後なら、汚れが定着していないのでするっと落ちますよ。

お風呂を出たら栓を抜いて、お湯を流しましょう。

 

着替えている間にお湯が抜けるので、そのままシャワーで浴槽を流して

洗剤をつけて軽く流します。これだと風呂掃除も楽ですね。

 

調理後の野菜の皮や残飯は新聞に挟んで捨てる

ご飯を食べ終わったら続いて洗い物が待っています。

すぐに洗えるものや、弁当箱など水につけておかなければいけないものがあります。

 

残飯や生ごみが排水溝に詰まってしまうと大変なので、そうなる前に対策します。

先に食器などを新聞やキッチンペーパーで汚れを取って、

その時に残飯も一緒に包んで捨てましょう。

新聞やキッチンペーパーは、油を吸ってくれるので、

先に拭き取る事で汚れが落ちやすくなりますよ。

それから食器を洗うとすごく簡単に食器を洗う事ができます。

 

家事の手抜き方法まとめ

家事には終わりがないと思うとやる気も起きません。

ですが紹介したようにひと手間加えることで、

結果的に手抜きができて時短にもなるので一石二鳥です。

 

家事は終わりがないと思うとやる気が起きませんが、

楽しく家事をこなすかを考えて、計画通りに家事が進めば達成感があるので、

ゲーム感覚で家事をこなしていくのもオススメですよ。

手抜き方法を覚えてしまえば家事のスキルアップができますよ。

 

コメント