ちょっと待って!その怒り方大丈夫?後悔しない子供の叱り方

子育てをしていると、すぐに叱ってしまう

ってことってありませんか?

感情的になってはいけないと分かっていても

何度も同じことをする

とイライラして叱ってしまいます。

 

ですが、子供を叱る時にしてはいけない事が

ありますので紹介しますね。

 

また、年齢別の効果的な叱り方についてもお話します。

 

スポンサーリンク

子供を叱るときにしてはいけない事

・大声を張り上げない

子供を叱る時は、大きな声を出すと

子供が言う事を聞くような気がして、

どうしても大声になってしまいます。

これはこれは逆効果です。

 

子供は恐縮するだけで、話の中身を理解できなくなり、

何がいけなかったのかも

分からないままになってしまいます。

いつもビクビクした子供に育ってしまいますよ。

 

・感情的にならない

親が急いでいるときや、何度も注意しているのに

言う事を聞かない子供の行動に、

つい感情的に怒ってしまいますがこれもよくありません。

怒るのは感情ですが、叱るのは教育なのです。

 

怒りの感情だけを込めてしまうと、

子供は、自分は嫌われているんだ、

親に憎まれている、自分は愛されていないんだ、

と思いこんでしまいます。

 

叱る前に大きく深呼吸してからじっくりと

子供に向き合いましょう。

 

・理由を言わずに叱らない

何やってるの!

なんで怒られてるか自分で考えなさい!

と大声を出すのもよくありません。

なぜ叱られているのかをきちんと説明しないと、

子供には分かりませんよ。

分からないから子供なのです。

 

そして、してはいけない(しないといけない)理由を

粘り強く教えるのが教育なのです。

 

何で叱られているのか、理由は自分で考えなさいは、

親の手抜きになります。

具体的に何が、どうしていけないのか。

どうすれば良かったのかを、

子供に分かるような言葉で説明する事が大事なのです。

 

感情が入ってしまい、これはとても根気がいること

ですが、子育てはそこが肝心ですよ。

 

・沢山の人の前で叱らない

皆が見ている前で子供を叱るのもよくありません。

子供にだって自尊心はあります。

皆の前で叱られたことで、

さらし者になったという経験は、

ひどく自尊心を傷つけてしまいますので、

できるだけ2人になって叱るようにしましょうね。

 

お兄ちゃんを弟の前で叱ると、

そこで兄弟関係に微妙な変化が出てきます。

子供はその変にとても敏感です。

2人になって子供の言い分をしっかりと聞いて、

じっくりと言い聞かせましょう。

 

・時間が経ってから叱らない

悪い事をしてその場で怒らずに、後になってから、

さっきこんな事したでしょ!ダメじゃないの!

と時間が経ってから叱ってもあまり効果がありません。

叱る時はすぐその場で対処しましょう。

 

これは褒める時も一緒で、よくできたらすぐに褒めて、

親も一緒になってできた事を喜ぶことが大切ですよ。

子育ての基本は褒めることです。

たとえ小さな事でも褒めて自分が愛されている

という自信を持たせましょうね。

 

年齢別の効果的な叱り方

子供を叱ること自体悪いことではありませんが、

お互いの感情がぶつかるので、

つい話が横道に逸れてしまうこともあります。

 

親も人間ですから子供に対してイライラして

我を忘れてしまうことも。

もしも我を忘れそうになったら深く深呼吸して、

叱る目的を思い出すようにしましょうね。

 

年齢別の叱り方は

2

2歳までの子供は理解力がまだまだ未熟です。

そのため長いこと叱っても全く効果がありません。

できたら1~3語の間で叱るのがいいですね。

また、あまり神経質にならなくてもいい時期ですよ。

 

3~4歳

3歳になってくるとある程度おしゃべりが増えてくるので、

叱り方にも工夫が必要になります。

なるべく短い言葉で、どうして悪いことなのか

因果関係(○○したら○○だからダメだよ)を

説明してあげるようにしてあげましょうね。

 

4歳になると運動能力が向上するので、行動範囲も増えてきます。

友達を叩いたりケンカしたりなどのトラブルも起こるでしょう。

4歳児も、基本的には3歳児と同じように丁寧に理由を説明しながら

短い言葉で叱りましょう。

 

5~6歳

この頃になると、他人への感情移入を

することができるようになってきます。

そのため、いままでのように因果関係を

説明するだけではなくて、

こんな事したら○○くんが悲しいよ?など、

他人の気持ちに目を向けさせるような

言葉をかけてあげるのが効果的ですよ。

 

また、社会のルールを学び始める時期なので、

マナーやルールについても教えてあげましょう。

 

ちょっと待って!その怒り方大丈夫?後悔しない子供の叱り方 まとめ

子供が悪い事をすると、感情が先走って

しまう事があります。

ですが、叱るときには感情的にならなっても

子供には伝わらないので、

深く深呼吸する事が大事ですよ。

 

そして、叱る時にしてはいけない事を

頭に入れておいて、年齢別の効果的な叱り方で、

子供に伝わるように分かりやすく叱ってあげましょうね。

 

 

コメント