ずぼら母さんでも開運を呼ぶ簡単水回り&トイレ掃除のやり方

 

「トイレ掃除は開運に繋がる」という話を聞いたことはありませんか?

 

成功した有名人の方々や風水師さんたちが、口を揃えて言ってますよね。

 

トイレ掃除に限らず、浴室などの水回りが大切らしいですが、水回りの掃除って、結構大変だったりします。

 

今回はそんな水回りなどの清掃方法を、開運の視点から見て紹介します。

 

スポンサーリンク

水回りの掃除 コツは何?

水回りの掃除って本当、大変ですよね。

 

私も特に寒い季節は、どうしても億劫になります。

 

他は週1回完璧にしておけば、全く問題ないのに、水回りだけは少しでもサボると、本当に取り返しのつかないくらいの汚れが付いてしまうのが辛いですね。

 

水垢だったり、黒ずみだったり・・・

 

浴室やトイレなんて、特に汚すための場所ってくらい汚れやすいです。

 

そんな水回りを、常にピカピカにしておくことが開運に繋がるって言われると、なんとなく、気が遠くなるような気がしますね。

 

私なりに水回りの掃除のコツを考えていたんですが、やっぱり一番は「汚れを溜めないこと」

だろうと思います。

 

水回りの汚れって、違う性質のもの同士が結びついて頑固な汚れになるので、見ないフリをするとそれだけ後で何倍も大変な思いをします。

 

水垢が付かないように、その都度、水滴をふき取るとか極端に汚れたら、すぐに掃除するとかその時々に応じたひと手間が大切です。

 

あとは、掃除の際、汚れを見極めて、汚れに合った洗剤を使うこともコツです。

 

トイレ掃除には消臭効果もあるクエン酸がおすすめです。

 

便器も、床や壁も、これたけで大丈夫です。

 

水垢にもクエン酸は効果を発揮してくれます。

 

せっけんカスの汚れは重曹が活躍するので、両方の汚れが混在する浴室は重曹+クエン酸の発泡効果を利用して浮かして擦り取るののがおすすめです。

 

水回りの掃除 道具は何を使うのが良い?

水回りの掃除には、汚れに合わせた使い方ができるようにクエン酸と重曹は必須です。

 

天然素材ですので、安心して使えます。

 

あとはトイレならトイレブラシとウェットシートか、そのまま捨てられる端切れなどを用意しましょう。

 

衛生面を考えると、最近は流せるトイレブラシなんかもあります。

 

毎日の掃除なのでコスパを考えて、私は流せるトイレブラシと、それを真似て自作した、「流せないけど使い捨てにできるブラシ」を使っています

 

風水的には、「ブラシではなく、素手で」「捨ててしまう端切れではなく、新品の布で」というのですが、抵抗がある人の方が多いと思います。

 

楽しく掃除をするのが、開運ポイントなので、抵抗があることを無理に行って嫌な気持ちになる方がマイナスですよね。

 

無理せず、便利なものを利用しましょう。

 

浴室なら浴槽用のスポンジと床用のブラシ、壁や天井用に柄付のスポンジがあると便利です。

 

水を切る為のスクイージーもあると、水滴を簡単に切れるのでタオルをたくさん使わずに済むのでおすすめです。

 

トイレ掃除のやり方 ベストなトイレ掃除の頻度は?

トイレ掃除はどのくらいの頻度でしていますか?

 

家族の人数や使用頻度にもよるとは思いますが、やっぱり毎日がベストです。

 

我が家は夫が普段から2階のトイレを気に入っていて私と子供が1階のトイレを使うので、絶対に両方汚れます。

 

真っ白なトイレなので、黄ばみや黒ずみは目立ちますし臭いも気になります。

 

1日に何度も使う場所なので、キレイにしておきたくてトイレ掃除だけは、絶対に欠かしません。

 

体調が悪い時は、軽く拭いたりするだけの時もありますけどね。

 

今時、ありえないことですが、突然「お手洗いを貸してほしい」と頼まれても、慌てず貸せるレベルが標準です。

 

月に1度はタンクの蓋を開けて中の水垢をスポンジで落としたり換気扇も外して掃除をしています。

 

便座自体も外して掃除できるみたいなんですがちょっと怖いので、年に1回大掃除の時にしかやりません。

 

子供が小さいので、トイレはよく汚され大変です。

 

隙間には汚れが入り込まないように、100円ショップで買った防汚シートたるものを貼り付けて予防しています。

 

難しく考えないトイレ掃除の仕方

トイレ掃除は、毎日していますが、「徹底してやっているか」と聞かれたら答えは「NO」です。

 

私は「毎日やる」と決めている事を負担にするようなことは避けたいので、たとえちょっと棚の上を拭いただけでもやったことにしています。

 

実際、そこまで手抜きするのは、体調を壊している時など以外は、まずないですが、そう決めていることで、気持ちはかなり楽です。

 

夜、トイレ掃除をしていないことを思い出し「やりたくないな(渋々)」より「やってこよ~(ルンルン)」の方が絶対に良いですよね。

 

そんな私のトイレ掃除ですが汚れがひどい時は、重曹をまいて自作ブラシで便器をゴシゴシ磨きます。

 

粉末を使うことで、クレンザー効果を期待できます。

 

最初は傷になるかと思ったんですが、全く目立たないレベルですし、キレイが一番なので、今は気にしていません。

 

一見して汚れがない時は、クエン酸水を含ませて軽く磨くだけです。

 

便器の掃除をした後は、ざっと便座や蓋など、トイレ全体と、床や棚の上などをそれぞれウェットシートで拭きあげます。

 

臭いが気になるときはクエン酸水を吹きかけて拭きます。

 

これも毎日やっているので、そんなに大変ではありません。

 

そして週に1回は流せるブラシを使って掃除と防汚コートするので、汚れが付きにくいという好循環も生まれます。

 

習慣にしてしまえば、あっという間で、私の場合は普段、2か所で5分程度です。

 

運気は寝ている間に蓄積されるらしいので私は家事の最後、夜、お風呂に入る前のタイミングでトイレ掃除をしています。

 

トイレ掃除が開運に繋がると言われるのはどうして?

そもそも、トイレ掃除をすると開運に繋がると言われるのはどうしてでしょうか?

 

私も、「開運するよ」というだけでは絶対に信じなかったし、継続しなかったと思います。

 

でも、納得する理由があったので信じるようになりました。

 

「トイレの神様」という歌も有名になりましたよね。

 

所説あるんですが、トイレには神様がいるんだそうです。

 

例えば七福神の話。

 

七福神たちは、それぞれが守る場所を決める際、みんな来た順に、好きな所を選んだそうで一番後に来た弁財天がトイレを守ることになったとか。

 

弁財天は音楽・芸事、そして財産の神様であり唯一の女性でもあります。

 

輝いて注目され、財を作る神様というイメージですよね。

 

金運や財運をつかさどる神様は、沢山の財を持ってくるため荷物が重く、遅れてしまったという話もあります。

 

神様の選ぶ順序でもトイレが最下位っていうのが、また衝撃ですが、なんか納得がいきませんか?

 

神様は当然、自分のいる場所の居心地がよければ、それに対する福を与えてくれます。

 

なので、トイレをキレイに居心地よく保つことで金運が上がり、結果として開運に繋がるということです。

 

開運を呼ぶ簡単水回り&トイレ掃除のやり方 まとめ

風水では、水の気=健康運を司ります。

 

水の気を持つ、浴室やトイレは汚いままにしておくと金運・財運だけでなく家族の健康にも影響を及ぼすことになります。

 

トイレの神様として有名な烏枢沙摩明王の強力な浄化の力を借りるべく、「無理をしてするより楽しんでする」を意識してキレイを保っていきたいですね。

 

 

コメント