油・カビ・水垢もこれでスッキリ!台所の水回り簡単掃除方法!

台所の水回りは、料理や洗い物で1日に何度も使うので

掃除をしてもすぐに汚れてしまいます。

汚れると分かっていてもこう頻繁だとまたか、と思ってしまいますよね。

水回りがすぐに汚れる原因と、掃除方法、汚れの対策についてお話します。

 

スポンサーリンク

台所の水回りがすぐに汚れる原因は?

水回りがすぐに汚れる原因は

 

・油

料理で使ったフライパンや食器にも付いている油をシンクで洗いますが、

その時にシンクに油汚れがついてしまいます。

 

・カビ

カビは暗くてジメジメしたところに発生します。

シンクで水を使ったり、コンロでお湯を沸かすたびに水滴や湯気が周りに付着して、

放っておくとそこからカビが生えてきます。

水回りでよく見られる黒いカビは好湿性のカビで、特に湿気の多い場所を好みます。

 

・水垢

水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムが残った白っぽい汚れです。

水分が蒸発するたびに少しずつ溜まっていきます。

蛇口の先端やシンクにできやすい汚れです。

 

・排水口のヌメリ

水分がある状態で細菌が繁殖したもので、

細菌やカビなどの微生物が固まりになってできた汚れです。

排水口や排水トラップにできやすい汚れです。

 

これでスッキリ台所の水回りの掃除方法!

洗い物などで頻繁に使うシンクは、色々な汚れが付きやすい場所です。

シンクに付いた汚れを徹底的に除去するために、

洗浄力が高い洗剤を使うのが1つの方法です。

食品を使う場所なので、体への影響が気になる場合は

オレンジオイルや重曹などのナチュラルな洗剤を使うのがオススメですよ。

 

・油汚れの掃除の仕方で、市販洗剤をそのままの濃度で使うのが心配な時は、

スプレーボトルを用意して自分で濃さを調節しましょう。

汚れが気になるところに洗剤を吹き付けて、メラミンスポンジを使って全体を洗います。

この時に蛇口の部分もしっかりと洗っておきましょうね。

 

・カビ掃除は、除菌と乾燥が必要です。

カビは湿気の多い場所が好きなので、極端に湿度が高くならないように、

換気や除湿を行うことで、発生しにくくすることができますよ。

また、カビが発生してから掃除をする時にちゃんと除菌をしておくと、

黒カビが発生しにくくなります。

 

ゴミ受けや排水口の中に黒カビが発生している場合は、

キッチン用のカビ除去剤・漂白剤を使うことで黒カビを除去できます。

薬品を使うのにちょっと気が引ける場合は、重曹とお酢を使いましょう。

 

重曹とお酢は、トイレのつまりや黒カビ除去など水回りの掃除に使える万能アイテムです。重曹とお酢を混ぜることで、二酸化炭素を含んだ炭酸ガスが発生します。

炭酸ジュースにも入っている成分なので害はありませんよ。

 

やり方は、重曹2カップに対してお酢1カップを排水口に直接かけて

10~20分程度放置します。

時間がたったら40~60度のお湯で流せば完了です。

重曹にお酢をかけるとシュワシュワと泡立ちますが、

炭酸ガスが発生しているだけなので安心して下さいね。

 

お酢の臭いがキツイ場合は換気扇をつけましょう。

キッチンまわりは、湿度が高いので年中カビが発生します。

換気や除菌、除湿をすることでカビが発生しにくくなります。

もしカビが発生してしまったら、早めに対処してみましょう。

 

水垢汚れは、削る掃除をすることで落とすことができます。

汚れを取る時に使う道具は、傷つきにくい素材のプラスチックのヘラ、

硬いポイントカード、使わなくなったクレジットカードが掃除に使えますよ。

 

スポンジやヘラなどは、最初は柔らかいものから始めましょう。

それでも落ちなかった場合、もっと固いものを使って掃除します。

いきなり固いものから掃除してしまうと、汚れではなくシンク本体を傷つけてしまいます。

柔らかいものから掃除することで、シンク全体のダメージを減らせます。

 

・中でも排水口は特に汚れやすい場所です。

ヌメリがひどい時には、洗剤をスプレーしてしばらく置いたら、

柄の長いブラシ(掃除専用)で擦るとキレイになりますよ。

酵素配合の洗剤なら、排水管を痛めることなく溜まった汚れがスッキリ取り除かれます。

 

汚れが溜まるのを防ぎたい場合は、排水口用のネットや水切りトレーを

予め設置しておくと良いですよ。

排水口に置くだけでヌメリを予防する固形洗浄剤も結構役立ちます。

薬品を使うはイヤだなと思う場合は、重曹とお酢を使いましょう。

 

簡単台所の水回りの掃除方法まとめ

台所の水回りは、汚れた食器などを洗う場所なのですぐに汚れてしまいます。

そして台所の水回りは年中湿気が溜まっているので、こまめな換気、除湿をしましょうね。

 

ついでにシンクの下にある調理器具をしまっている棚なども開けっ放しにして、

とにかく湿気のたまらない環境作りをすることがポイントですよ。

どの汚れも、見るだけでもイヤなので汚れが発生しないようにしましょうね。

 

すぐに掃除と対処することでキレイなシンクを維持できますよ。

いつも使う場所なので、キレイに気持ちよく使いましょう。

 

コメント