子育てで疲れが溜りまくっている方に!ストレス解消リフレッシュ法6選!

 

みなさん、疲れはしっかりと取れているでしょうか?

 

授乳中の方は夜の眠れない日が続いてはいませんか?

 

子どもが小さいうちはなかなか眠れないことが多いのが現実です。

 

よく寝てくれる子どもが急に寝なくなった、夜泣きが始まった、

トイレトレーニング中は夜中のトイレなどいろいろありますね。

 

子育ての間は、眠れないのは仕方ないとあきらめてしましがちです。

 

夜に眠れないと疲れはどんどんたまっていく一方です。

 

今回は、そんな疲れを少しでも和らげるリフレッシュ法を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

どうして疲れが取れないの?

『疲れ』には、身体的原因と精神的原因があります。

身体的なものは、身体能力を維持するための筋肉の一時的な低下

精神的なものは、長期的な認知活動が原因の一時的な低下との位置づけがされています。

 

疲れといってもさまざまあり

肩こり、頭痛、腰痛、体のだるさ、不眠症等々

本当にさまざまです。

 

この症状が必ずしも出現するとも限りません。

それに、これは簡単に症状を書いただけにすぎません。

 

毎日の子育てや家事、そして仕事をさている方はその仕事のストレス。

それぞれからの心的、外的ストレスが疲れとして体に現れてきます。

 

私も寝不足から頭痛やだるさなどがありました。

今は、体が慣れてきたのかもしれませんが、

育児休業に入るまでは、本当に朝起きれない…

なんてこともありました。

 

ただ、慣れてしまうといけないこともたくさんあります。

疲れていることが分かりづらくなり、体調不良に気づかなくなってしまいます。

疲れが溜まると、イライラしてしまいがちです。

 

疲労は、しっかりと体を労ることが大切です。

そのリフレッシュ法を一緒に学びましょう。

 

リフレッシュに最適なものは?

リフレッシュ法というとアロマやヨガ、マッサージなど多種に及びます。

自分にあったリフレッシュ法をさがしてみましょう!

 

私は、ヘッドスパやアロマテラピー、ハンドスパをよくします。

ヘッドスパは、意外と自分でできるのですよ!

 

では、どのような方法があるのか見てみましょう!

 

 

①睡眠

 疲れには、とにかく睡眠という方もいるでしょう。

 睡眠は、時間よりも質を大切にしましょう。

 現在は、子どもの睡眠時間がどんどん短くなっているといわれています。

 

 また、女性は男性よりも睡眠時間が短い、との研究結果もあります。

 

 子育て中だと、どうしても眠れない日が続くこともあります。

 ですが、少しの時間でも横になれるのであればなっていた方がよいでしょう。

 

②おいしモノを食べる。

 食事は、生きるための最低限のことです。

 好きなものやおいしいものを食べることで 体も心も満たされます。

 これにより、リフレッシュ効果を得られます。

 

③お風呂に入る

 ゆっくりとぬるめのお湯に浸かることで体内の老廃物の排出を助け、

 疲れを取ってくれます。

 

 気をつけなくてはいけないのは熱い湯ではなく、ぬるま湯であるという事。

 熱い湯では、一気に血管が拡張し血圧があがってしまいます。

 

④スポーツ、ヨガなどをする

 体を動かすことは、リフレッシュ法として とてもいいと思います。

 運動不足の解消にもつながります。

 

 注意は、しすぎないこと。

 適度な運動はリフレッシュになりますが

 しすぎるとかえって体に負担がかかってしまいます。

 

⑤マッサージをする

 頭や足などのマッサージは自分で行うことも可能です。

 体のメンテナンスとしてマッサージをしてもらうことで

 リフレッシュになり、気持ちも晴れやかになります。

 

⑥自然や動物に触れる

 自然や動物には、人を癒してくれる効果があります。

 セラピードッグなどがこれに当たります。

 森林浴などで体に新鮮な空気を取り入れると

 気持ちが落ち着いてきます。

 

 

いかがでしょう。

リフレッシュ法はたくさんあるでしょう?

今回は主なものをあげてみました。

 

上記以外にも、ご自身にあったリフレッシュ法

好きなことをすることが一番リフレッシュできると思います。

 

自分にピッタリなものをいろいろ試して探してみましょう。

 

私のしているリフレッシュ

私が実践していることを少しご紹介します。

 

・天気の良い日は、数十分の散歩をするようになりました。

 

・ハンドメイドに凝っているので 何かを作ることでリフレッシュできています。

 ハンドメイド、始めたら面白くて、子供の髪飾りを作ったりしています。

 

・歌を歌う。

 カラオケにはなかなか行けないので カラオケアプリをインストールして歌っています。

 

これらが私のリフレッシュ法です!

同じことをしている方もいるかもしれませんね!

 

趣味はおのずとリフレッシュになってきます。

たまにする程度が体に負担がかからなくていいですよ。

 

子育て中の疲れ解消リフレッシュ法6選!まとめ

子どもが寝ている間や保育園・学校に行っている間

家事をする時間だけでなく、自身のリフレッシュのための時間にすることも大切です。

 

リフレッシュは、自分のためだけでなく家族のためにもなります。

 

リフレッシュをして、イライラ防止も一緒にしましょう!

 

コメント