主婦の家事効率ってスケジュール次第でどこまで上げられる?

 

主婦って「暇そう」とか言われますが

実際そんなに暇ではなく、なんだかんだと

やることがいっぱいではありませんか?

 

ちゃんと掃除ができていない時に限って、

来客があったり・・・

そういうことって多いんですよね。

 

家事の効率を上げて、完璧にこなしたい。

そして完璧な主婦に見られたい。

 

そんな願望もありましたが、実際、無理です。

 

もうこうなったら、

「表向きだけ完璧な家事」

をすればいいやと思うようになりました。

 

「表向きだけ完璧な家事」は

言い換えれば

「見えない所で手抜きする家事」です。

 

上手く家事をやりくりして、

効率を上げちゃいましょう。

 

今回は私流の「表だけ完璧な家事」の

やり方を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

家事が効率よく進むスケジュールは?

家事を効率よく進めるためには、

行動をルーティン化するのがおすすめです。

 

毎日、同じ順番で、同じ作業を

するようにすることで

体が勝手に行動するようになります。

 

さすがにこれは大袈裟過ぎたかもしれませんが、

やることが決まっているおかげで

「次は何をするのか」と考える時間のロスが減ります。

 

自分の生活リズムから、ピッタリの

ルーティンを探しましょう。

 

我が家はキッチンと洗面所、

浴室が一直線になっている間取りです。

 

私の場合は、朝一番にすることは、

「朝食の準備」と決まっています。

 

顔を洗う、歯を磨くって人が多いと思うので、

正直恥かしいですが、

低血圧なので早起きも苦手なんです。

 

自分のことは後でもできるけど

家族の事は時間も決まっていますからね。

 

食事を終えたら、食器をキッチンに運び、流れで

お風呂の栓を抜いて、その間に洗濯物を干します。

 

ついでに着替えて戻ってくる頃には

排水が終わっているので、浴室の掃除をして

そのまま洗面で歯磨きと洗顔、メイクまでをします。

 

洗面を出て、今度は食器を片付けます。

 

こんな感じで、家の間取りや、リズムなどから

パターンを見つけると無駄が無くなると思います。

 

私が抜けているだけかもしれませんが、

このパターンを見つけるまで、

よくお風呂の掃除を忘れ、

夜、お風呂を入れる前に掃除していたので

「お風呂に入ろう」と思ってから

無駄なロスが発生していました。

 

無駄な時間が減れば、それだけ自分の時間に

なりますしストレスも軽減されます。

 

家事を効率化するためのアイディアをご紹介

家事の効率を上げるために、ますずることは

「家事に優先順位をつけること」

ではないでしょうか?

 

「毎日すること」

「毎日でなくてもいいこと」

 

から区別をつけ、さらに毎日することに

優先順位をつけていくんです。

 

例えば掃除ですが私は、毎日

浴室、玄関、リビング、トイレ、

寝室の順で優先して掃除をしています。

 

この順の理由は

浴室:忘れてしまう。

洗濯の前後でやりやすいタイミングを見つけた。

 

玄関:宅配などちょっとした来客でも

見られる場所。家族のお見送りついでに掃除。

 

リビング:来客時に通す場所。

常に片付いていて欲しい。

 

トイレ:使う度に目に付く。汚れやすい。

使う時に気づいたら掃除。

 

寝室:家族が長時間過ごす場所。

最悪、寝る前にモップでもいい。

 

という感じで、優先する理由と、

やるタイミングを考えて決まりました。

 

それ以外の、毎日でなくても

大丈夫な場所の掃除は

月曜日は窓、火曜日はキッチンの集中、

水曜日は水回り集中など

曜日ごとに決めて行っています。

 

もちろん、できなかった時の

「予備日」も設けてあります。

 

正直、1週間に1回きちんと掃除していたら

落ちなくなるほど大変な汚れって

まず付かないんですよね。

 

仕事をしていて忙しい人なら、

普段は片づけを優先して掃除機は

ロボット掃除機にしてしまうとか

モップをサッと一周だけとか

それでも十分だと思います

 

食事の献立も、よっぽど料理上手な人は

別としてレパートリーって

大体一緒になりませんか?

 

なら、思い切って、曜日ごとにメインの献立を

固定してしまうのも良いと思います。

 

1日くらいフリーの日を作って、

そこは新しいレシピにチャレンジする日にしたりすれば

意外と飽きずにメリハリも付きます。

 

献立が決まっていると、

買い物もパターンができますし

無駄が減り、時間と食費の節約になりますよ。

 

私は週一のまとめ買いの日を決めていて

その日は集中掃除はお休みをして

買って来た食材の下処理の日にしています。

 

後回しにすると、どうしても面倒になってしまって

食材を腐らせてしまうのですぐにやるのが私の鉄則です。

 

子育て中の家事効率

子育て中って、子供の相手もしなければ

ならないので家事の効率って

上がりませんよね。

 

掃除したそばから、散らかされたり、

汚されたり・・・

イライラすることもあると思います。

 

だからこそ、優先を決めてそれ以外は

「できなくてもいい」と思う事で

気持ちがかなり楽になります。

 

気持ちがイライラしていたりする中で

しても何かしら失敗して、余計に

ストレスになることも多いですからね。

 

子供が幼稚園に行っている間に優先順位の

高い所をリセットさえしておけば

帰って来て汚されても

「子供がいる以上仕方ない」って言い張れます。

 

出したおもちゃの片付けと、

汚された場所だけ拭いたりしておしまいです。

 

私も家を新築した頃は、かなり神経質に

なって大騒ぎしていましたが

それに気を取られていると、

子供の、「子供らしさ」を見逃してしまう

ことに気付いたんですよね。

 

逆に、持ち家なんだから、家の汚れも傷も

子供の成長記録と受け止めることにしました。

 

家事手抜きのコツ

いろいろなアイディアを駆使して、

家事を効率化しても、限度はありますよね。

 

予定や家族の都合で、スケジュール通り

いかないこともあります。

 

そんな時は、思い切って手を抜くことも、

一つの方法です。

 

私は専業主婦なので、

「掃除は完璧にしなければならない」

「料理はしっかり、レトルトや冷凍食品なんてダメ」と

結婚当初から本当に思っていました。

 

でも、それが普通になっていた我が家では

私が体調を崩してしまえば、

誰も掃除をしなければ料理も作りません。

 

夫は、食パンだけ食べて、おかずは梅干しだけの

お弁当を持って仕事に行く。

そんな状態に・・・

 

私の食事にまで気が回るはずもありません。

 

その時に、

「ああ、冷凍食品があれば、温めたら食べられた」

「夫も多少おかずを持って行けた」と思いました。

 

「掃除してないから、大変なことになっているかも・・・」

なんて思いながら寝ていても休んだ気にもならないし

完璧主義のせいで、精神的に参ってしましました。

 

結局、元気になって、

徹底的に掃除をしたら、何にも変わらずキレイだし、

考えすぎたことが虚しくなりました。

 

よく考えると家事を「絶対、完璧」

にしなければならないと

無理をする必要がないと思います。

 

「今日は~だから手を抜いてもOK」と

肩の力を抜きましょう。

 

私は、今も普段、レトルト調味料は使いませんが

こういう時用に、「これだけあればすぐ作れる!」

というような

保存の利く物を常備するようにしました。

 

レトルトは手抜きなのかもしれませんが

忙しい時のピンチを救ってくれる救世主ですよ。

 

でも、それが多くなると、飽きますし

バランスも心配になるので、

普段から、下処理をして保存し、それを焼くだけ!など

下味冷凍をしたりして、自分の気持ちも楽にしています。

 

週の半分くらい以上は、きちんとやれているので

子供が休みの日など、

「掃除が出来なかった~」

「今日はバタバタしたからご飯手抜きだよ」と言っても

夫も「仕方ないよ」と言ってくれるようになりました。

 

掃除は目に付いたゴミや物を片付けるだけでも

十分片付いて見えますし、翌日以降に、

その分をリセットできれば、それでいいんですよ。

 

主婦の家事効率ってスケジュール次第でどこまで上げられる?まとめ

家事は完璧にしたいという気持ちは

誰でもあると思います。

 

専業主婦でも完璧にするのは大変な上、

今は共働きの時代でもあります。

 

忙しいなりの家事のやり方を見つけて

一定期間を「トータルして完璧」なら

それで良いと思うようにしませんか?

 

きっと今より家事を楽しめるようになると思いますよ!

 

 

コメント